男性コンプレックスを解決します|発毛効果をアップさせる治療法

薄毛に関する基本的な知識を知ろう

歴史は長い

発毛や育毛の歴史と変遷

育毛や発毛というのは古代から研究されてきました。昔は薄毛の原因が解明されていなかったため、様々な自然界にあるものを育毛剤として利用していました。鳩の糞やワニやロバの脂、ハーブ、はちみつなど、いろいろな物を頭皮に塗っていたそうです。 そうしたもので薄毛が改善されないことが分かると、今度はかつらをかぶるようになりました。フランスでは薄毛に悩む王がかつらをかぶったことがきっかけで、貴族の間でかつらが一種のブームになり、女性もかつらをかぶっていたそうです。 かつらでも育毛でもない、植毛という技術を生んだのは日本人です。植毛とは頭皮に人工の髪の毛を植えていくことで、何をやっても薄毛の改善が見られない人の最後の切り札です。

沢山あるスカルプシャンプー

AGA(男性型脱毛症)というワードが世に広まってきたのは最近のことです。テレビでも、AGA対策になるという育毛シャンプーのコマーシャルをよく見かけます。2005年にプロペシアが厚生労働省によって認可されたことがきっかけで、AGAという言葉が一気に広まりました。 そして現在では様々な成分が配合された育毛シャンプーや発毛シャンプー、スカルプシャンプーなどがどんどん販売されています。基本的にシャンプーだけで発毛効果を得るのは難しいですが、頭皮環境を改善して抜け毛をストップさせることはできます。そして毎日使い続けると薄毛の予防に繋がります。 これからは10代の若者でもAGA対策のために育毛シャンプーを使ってケアをする人が増えていきそうです。